ケント大学 Drama -演劇学

Undergraduate Drama(大学でのドラマコース)

ケント大学はイギリスの中でも最も革新的で面白いドラマの学部を持つ大学のひとつです。伝統的な演劇学と最先端のパフォーマンスの実践とを組み合わせることで、大学やその先の将来、成功するためのスキルやビジョンを培うことができます。独自のシステムとして、ドラマ・演劇学プログラムでの単一専攻過程でBAの学位のかわりにMDramaの学位を得ることができます。

MDramaを単一専攻過程の学生は3年生の時期を留学してすごすチャンスを得られます。最近では交換留学システムがヨーロッパでは5大学、アメリカで12大学の、計17大学と結ばれています。

近年、卒業生たちは作家、メディアプロデューサー、アナウンサー、デザイナー、俳優、教師、教授、芸術管理者、技術者、ジャーナリスト、演出家などの職業で成功しています。

  • BA Visual and Performing Arts
  • Drama and Theatre Studies

Performance Practice

Postgraduate Drama(大学院でのドラマコース)

ケント大学の大学院でのドラマ・演劇学は、2001年にResearch Assessment Exercise (RAE) という評定式で、最高評価である5を獲得した、学部の得意とするものでもあるリサーチ・研究の上になりたっています。

ケント大学のドラマ・演劇学部では、国内国外含め、また特にヨーロッパ大陸において、ドラマや演劇は創作業界の中で起こっていることとして注目し、焦点を当てています。また、専門的な大学院の発展を促進させ、実践面においても積極的に関与していくために地域的、国内的、国際的な演劇会社、演劇開催地、演劇学校や役者の方々との深いつながりを大事にしています。ケント大学はポーランド、ベルリン、ブリュッセル、モスクワの演劇界とも強い関係を持っています。

以下のものがモジュールに含まれます。

  • Contemporary Performance Practice;
  • Directing;
  • Design for Performance;
  • Performance Applications;
  • Producing, Promoting and Managing Theatre;
  • Radio Production;
  • Stand-Up Comedy;
  • Theatre Criticism & Dramaturgy などです。
    これらの専門的な学業を通して、卒業するときに学問の面で大きな強みを得られたり、また、修士号を得られるレベルにもなります。

MA Performance Practice